比較的低価格で葬儀が可能|桐ヶ谷斎場の魅力を徹底解説

僧侶への料金とは

葬儀

相場は寺社に聞くのが一番

世間では一口に葬式といっても様々な形があります。仏教やキリスト教、神道などの宗教式や無宗教式など色々です。さらに仏教でも浄土宗や浄土真宗、臨済宗、曹洞宗など宗派に分かれています。仏教式をする場合、いずれかの宗派の寺院の僧侶に読経をお願いしなければなりません。読経は通夜、告別式、火葬場などで行われます。また最近は初七日を葬式の後に行うことが一般的になってきました。火葬後、身内やごく親しい人だけが集まって僧侶に読経をあげてもらい初七日法要を行います。葬式では僧侶に戒名をつけてもらうことも必要となります。戒名は宗派によって異なります。信士や信女、居士、大姉などがあり院号が最もランクが高い戒名とされています。ランクが上がるごとに戒名料も高くなります。戒名料は葬式の読経代と一緒にしてお布施という形で直接寺社に差し上げます。お布施の相場は、読経を依頼する寺社に直接聞いてみるほうがいいでしょう。寺社によってはなかなか金額を言ってくれない場合もあります。その場合は葬儀社や知人などを介して聞いてみることをおすすめします。地域や宗派にもよりますが、最高ランクの戒名をつける場合は50万円以上のお布施になることもあります。しかしお布施は一応任意という形になっています。そのため経済的余裕のある家庭では僧侶に感謝の気持ちを込めて相場以上のお布施を包むこともあります。また最近は無宗教式で戒名をつけないケースも増えてきています。