比較的低価格で葬儀が可能|桐ヶ谷斎場の魅力を徹底解説

喪主になる意識と準備を

線香

生前から家族と話し決める

お葬式は、人生に何度も経験することではありません。そのため、自分が喪主となる場合に、準備しておきたいことや金額を知っておくことが大切です。まずは、生駒でお葬式をあげる時に、どんな費用が必要になるのかを把握しておくことがポイントです。お葬式業者の広告などで目にする費用は、葬儀業者に支払う葬儀本体の基本費用だけであることが多く、広告に載っている価格だけで葬儀を終えるものではありません。お葬式の規模にもよりますが、生駒市で葬儀をあげる場合に、葬儀場の利用料や火葬料金が別途必要になります。生駒市で規模の大きい葬式であれば、その分広い会場が必要になりますので、当然利用料も高くなります。反対に、家族や親族のみで行う家族葬であれば、この費用を抑えて葬儀をあげることができます。また、宗派によって読経も変わりますが、僧侶へ支払うお布施の用意も必要です。1名の僧侶に通夜と告別式をお願いする時は、20万円程のお布施を包むことが一般的となっています。また、参列者や親族に通夜ぶるまいの料理を用意したり、ギフトなどの用意も必要です。関東では、通夜に参列された方全てに料理を振る舞いますが、生駒市など関西地方では親族のみに振る舞います。とはいえ、一人4000円ほどの料理を振る舞うことになりますので、ギフトと合わせると大きな費用になります。総合的に考えると、かなりの金額になりますが、大切な家族をお見送りするためには、前もって業者や行う葬式の形を話し合っておくことでいざという時も安心です。