比較的低価格で葬儀が可能|桐ヶ谷斎場の魅力を徹底解説

喪主になる意識と準備を

生駒市にお住まいの方がお葬式を考える時に、どのような形式のお葬式にするかで、必要になる費用も変わってきます。事前に問合せも可能ですので、何社かの業者に見積もりをしてもらい、納得のお葬式をあげれるように準備しておくことが大切です。

安価に葬儀を実施する方法

花

式場と火葬施設を併せ持つ

今までにお葬式を執り行った事はありますか。家族などに不幸があれば、お葬式を取り仕切らなければならない立場におかれるケースも、時にはある事でしょう。お葬式を行う最にはまず、葬儀会社の選定から着手する必要があります。葬儀会社にも各社それぞれに特徴があり、事前にサービス内容や料金面をよく理解しておかないと後で、後悔する事になりかねません。ほとんどの葬儀会社では、葬儀を執り行う式場は兼ね備えていますが、火葬を行う施設までは持っていません。火葬を行う場合は、自治体などが運営している火葬場を利用する事になりますが、その際は式場と火葬を行う場所が違ってくる事があります。このような場合、遺族や参列者を移送するためのマイクロバスなどの手配が別途、必要となり、費用がかさんでしまいます。もし、少しでも葬儀にかかる費用を抑えたい時などは、火葬場の中に葬儀式場が併設されている所で葬儀を依頼すると良いでしょう。都内では桐ヶ谷斎場が、式場と火葬場が同一施設内にある斎場となります。桐ヶ谷斎場は、火葬場も併設した斎場を民間会社が運営している珍しいケースで、移動の手間もなく費用を節約できる事から、利用者に喜ばれている斎場です。また、桐ヶ谷斎場の特徴として、宗旨宗派を問わず葬儀を執り行うことが出来る点や、交通アクセスも良い点などが評価されています。もちろん桐ヶ谷斎場では、遺体を安置する霊安室も完備していますので、葬儀まで日数があいてしまう時なども安心です。

僧侶への料金とは

葬式で仏教式をする場合僧侶に読経をしてもらうことになります。その時に戒名をつけてもらいますが、これはランクによって金額が違います。読経料と戒名料はあわせてお布施として渡します。相場は寺社に直接聞きましょう。最近は戒名をつけないケースも増えています。

増加する小さな葬式

門真市では家族葬を行う家庭が増えてきました。これは精神的、肉体的な負担を減らし費用も安くすることができます。葬儀社では家族葬のプランも充実してきました。またアレンジできるのもメリットです。葬儀社を選ぶ場合はプラン内容をきちんと確認することが大切です。